2009年05月21日

パルテノン神殿

誰もが知っている、かの有名なパルテノン神殿!

何を書いても、細かいことかかんきゃ、そんなことは知っているといわれそう。

gr_t059.jpg

では、屋根はどうだろうか?
もちろん、破壊される前は(もちろん戦いによって破壊された、その当時は火薬庫として使用されていたそうな)屋根がのっていました。
ドリス式の列柱の上に、なんと木造にて瓦が葺かれていました。

Parthenon11.jpg

瓦はもちろん、大理石(だと思う?)
しかし、その構造、形に秘密があります。!!


では、次回に!!


実は、私は言ったことがありません。
ごめんなさい!
最も行きたい場所です


posted by 屋根屋 at 19:17| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 世界の屋根・住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです

これも て、天然スレート?・・・・・・(笑)


大理石とは 加工が大変です
世界は広いですね

Posted by 張替 at 2009年05月23日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。