2012年05月22日

耐震工法

久しぶりの更新となりました。

いったいどうしていたの?
なぜ?
更新しなかったの?

いろいろなことがあり更新できませんでした。
いいわけです......
だめですね------

気を取り直していきましょう!
昨年の3.11の地震で、屋根に被害を受けた方が多数いらっしゃいます。
屋根の重量が、建物全体の耐震性に影響するのは、僅かです。(建物全体の重量からすると、屋根が1/10の重さになっても、全体の1割に満たないようです。
耐震性は、構造になります。)

しかし、棟部の被害が多かったのは、工法の問題があったと思います。
やはり、地震国日本では『耐震工法』が必要です。

今回、私の所属する「ガッツ会」で講習会を開きました。
耐震工法の一つです
その名も「辻のし」
考案者の辻さんの名前です。
DSC02484.jpg

乾式工法で、回転させても落ちません。DSC02477.jpgIMG_0648.jpg

講習会の面々





posted by 屋根屋 at 10:48| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。